飯田市勤労青少年ホーム・飯田勤労者体育センターを開館します

5月31日まで休館としていた飯田市勤労青少年ホームと飯田勤労者体育センターは、長野県の緊急事態宣言が解除されたことから、感染対策等準備が整い次第開館します。

開館に必要な主な感染対策例

  • 出入口への手指消毒液の設置及び手洗いの啓発
  • 利用者のマスク着用の確認及び啓発
  • 利用者が共有するテーブル、タッチパネル等の定期的な消毒及び定期的な換気の実施
  • 県外の方を含む不特定多数の利用者が見込まれる場合は、入場前に氏名・連絡先等の記入
  • 受付等職員と多数の利用者が接触する場合はビニールシート等での飛沫感染対策
  • 3密を回避するための入場制限
  • 飲食は人の間隔を十分とり、かつ対面に配置しない等の配慮 など

市有施設における新型コロナウイルス感染症感染拡大防止ガイドライン

  • 本ガイドラインは、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言(令和2年5月4日)」において、業種や施設の種別ごとにガイドラインを作成することなど、自主的な感染防止のための取り組みを進めるようにされたことを踏まえ、市有施設における具体的な対策を進めるために策定したものです。
  • 飯田市においては、国の専門家会議の提言において示された「新しい生活様式」の実践例を踏まえつつ基本的な考え方と具体的な取り組みについてこのガイドラインを策定しました。

飯田市有施設における新型コロナウイルス感染症感染拡大予防ガイドライン (PDFファイル/221KB)

開館にあたってのイベント、行事、会議等の開催の目安

  • 【屋内】参加者100人以下かつ収容人数の50%以下で人との距離を確保(最低1メートル)
  • 【屋外】参加者200人以下かつ人との距離を確保(最低1メートル)

市有施設の開館及び開館にあたってのイベント・行事・会議等の開催の目安 (PDFファイル/71KB

 

6月1日以降の施設利用については、通常通りとなるわけですが、状況により新たにお願いすることもあります。

タイトルとURLをコピーしました