「2017スペシャルオリンピックス冬季世界大会・オーストリア大会」

出場選手 田中允人(たなか まさと)さん 表敬訪問

CIMG6377

スペシャルオリンピックスは、知的障害のある人たち(アスリートと呼びます)に、日常的なスポーツトレーニングと、その成果の発表の場である競技会を年間を通じて提供し、社会参加を応援している国際的なスポーツ組織。現在、世界中で約470万人のアスリートが参加、115万人を超えるボランティアがその活動を支えています。

2017年3月にオーストリア共和国にて開催される「2017スペシャルオリンピックス冬季世界大会・オーストリア大会」には日本からアスリート54名・役員・コーチ・サポートチーム27名総勢81名の選手団の派遣、スノーボードアスリートとし田中允人さんが、出場されます。

2月1日(水)市長公室にて、大会に向けて意気込みなどお話がありました。

田中允人さんから
姉を見ていてテニスに興味を持ち始めました、コーチに恵まれ楽しくプレーができました。冬はスノボーを行っています。スノボーをとおしても多くの友達と巡り合えました。全力を出し切って頑張りたい。楽しい気持ちで挑戦して、メダルを取ってきたい。と話され、
市長からは、
他のアスリートと競うのではなく自分自身との戦い、昨日の自分に勝という気持ちで頑張ってください。
代表理事からは、
この大会については、理解が少ないところもありますが、お話を聞く中なかで、感動しました。大会を楽しんで、頑張ってください。嬉しい結果も聞きたいです。
とそれぞれ激励されました。